ガスの自由化の認知度はまだまだ低い?
2016.12.20

subimg012016年4月に電力の自由化が始まりました。様々な電力会社が魅力的な料金プランを提案し、乗り換えたという方も多いのではないでしょうか。実はこれでエネルギー自由化の波が終わりではありません。2017年4月にはガス自由化が始まります。しかしながら、電力自由化に比べるとテレビや広告で取り上げられることが少なく、現状では一般の方々の認知度がまだまだ低いと言えます。しかし、ガスも電気と同様に生活において重要なエネルギーであり、自由化は見直しのチャンスとなっています。

そもそも、ガスにはいくつかの種類があります。それは都市ガス、簡易ガス、プロパンガスの三つです。都市ガスとはその地域ごとに供給されているガスであり、ガス導管を通って各家庭 い届いています。簡易ガスは団地やアパートなどごく小さな規模で供給されるガスです。プロパンガスとはガス会社から供給されるガスであり、ガスボンベを設置することでどこに住んでいても基本的には使用できるガスです。この中でガスの自由化の影響を最も受けるのが都市ガスです。これまでの都市ガスは地域ごとに供給する会社が決まっており、基本的に選択の余地がありませんでした。しかし、自由化によって様々な企業がガス供給を始めることとなり、どんどんと選択の余地が増えていくと予想されます。消費者としては純粋にサービスや料金を比較して選択できるため、見直し次第ではお得になれるチャンスと言えます。既にガス事業参入に名乗りを上げている企業もあり、それぞれ特色のある料金プランを打ち出しています。

実は遥かに前からガスの自由化が始まっている業界があります。それは工場や病院です。これらの場所では一般的な家庭よりも多くのガスを使用することから、早い段階で自由化が始まりました。すると、何と30社以上が参入に名乗りを上げ、まさに企業間の競争の幕開けとなりました。消費者とからすると参入企業が多い方が選択の幅が広くなり、企業間での価格競争も起こるためお得になれる可能性は高まります。工場や病院だけの自由化でそれほどたくさんの参入があったということは、一般の自由化ではさらなるたくさんの参入が期待できます。ガスの自由化が始まってもすぐさま乗り換えなければならないわけではありません。大切なのはしっかりとサービスや料金を比較し、自分の家庭にあったガス会社を選択することです。特に自由化開始から数年の間は企業がこぞってお得なサービスを用意することが予想されます。

▲ ページトップへ